2005年 第30回宮下靖子バレエ団クリスマス公演 「くるみ割り人形」(5)

第6景 お菓子の国門の前

お菓子の国の前に到着したマリーと王子は、4人の騎士と金平糖の精に暖かく迎えられます。
マリー達を甘くステキなお菓子の国へといざないます。


◆金平糖の精   井澤 照予


第7景 お菓子の国


お菓子の国では、二人のために豪華な宴が開かれます。
世界中から集まった、お菓子の精たちがそれぞれの国の踊りを披露します。

最初は、情熱的なスペインの踊り。


◆スペイン

 


石田 絢子 ヤコブス・ ウィルフリッツ


◆アラビア

神秘的なアラビアの踊りは、美しいお姫さまが登場。
でも、このお姫さま、実はぜいたく大好きのくいしんぼう。

中西 孝子  


◆中 国

3番目の登場は、お茶が飲みたい男の人と彼のことを大好きな女の子が踊る中国の踊り。


平岡 秀幸  伊東  葵


◆ロシアからは3人の男性の登場です。


佐藤 航  新井 崇   東 文昭

◆ミルリトン

ミルリトン達は4人で踊ります。


◆花のワルツ


ミステリアスな妖精達は、花のワルツで宴を最高潮へと盛り上げます。


笠井あきこ  有家 和代  西原 晶子  北村 古都


アンドレイ・クードリャ   末松 大輔  水野 英俊  沖潮 隆之

金平糖の精と王子が二人で美しく踊り、マリーはうっとり・・・。


金平糖の精  井澤 照予  王子  大寺 資二

 


◆マリーの目覚め


とても幸せな気持ちになった時、マリーはお菓子の国からだんだん遠ざかり、
おどろき顔の大人たちの見守る中で、甘い夢から目覚めます。


もちろん、大人たちには”くるみ割り人形”はただの人形にしか見えず、
マリーが体験した素敵な出来事をいくら説明しても、だれもわかってくれないのですが・・・

◆フィナーレ