2004年 第29回宮下靖子バレエ団クリスマス公演 「妖精の接吻」 ほか (2)

2004年12月25日(土)
京都会館第1ホール

クラシック・モダン・シンフォニックバレエ・・・
49年目は、Dance Complexなクリスマス!!

今年のプログラムは、日本を代表する二人の振付家、
深川秀夫と石原完二の4作品(新作含む)を3部構成で上演します。

深川秀夫氏の作品より、シンフォニックバレエスタイルの『メンデルスゾーン・コンチェルト』、と学園生と中心とした『ディ・フェーダー』、そして、日本ではほとんど上演されたことのないストラヴィンスキーの『妖精の接吻(新振付)』の3作品を。
石原完二氏には、新作のモダンダンス『Revolution(レヴォリューション)』を。
クラシック・モダン・シンフォニックバレエ・・・そしてリトル・バレリーナ達。
50周年に向けての Miyashita Ballet Compny 新しい挑戦をお楽しみください。

深川 秀夫 PROFILE   石原 完二 PROFILE
名古屋出身。’69年モスクワ国際バレエ・コンクール銀賞・ニジンスキー賞受賞。’70年ヴァルナ国際バレエ・コンクール第2位銀賞受賞(第1位なし)。’71年ロンドン・ガラ公演に参加。同年、シュツットガルト・バレエ団に入団。ジョン・クランコのもとで踊る。’73年ミュンヘン国立オペラ・バレエ劇場のエトワールとして契約。以降同バレエ劇場の多くの舞台に出演。’99年愛知県芸術文化選奨文化賞受賞。’05年ジョンクランコバレエスクール(シュツットガルト)に振付を依頼される。   宮脇翠に師事。’80年京都市芸術新人賞受賞。’81年東京新聞主催全国舞踊コンクール入賞。’95年現代舞踊協会制定奨励賞受賞「亡命者」。こうべ全国洋舞コンクール創作部門第1位最優秀賞受賞。’98年ヴァルナ国際コンクール金賞受賞者の創作部門振付。’00年ローザンヌ国際コンクールにて、プリ・ド・ローザンヌ受賞者のフリー・ヴァリエーション振付。’04ユース・アメリカ・グランプリにて、ジュニア第1位コンテンポラリー振付。現在、石原完二モダンダンス・スタジオ主宰。

【プログラム】


第1部

『ディ・フェーダー』  振付:深川秀夫 音楽:シュトラウス

シュトラウスの有名なワルツ「美しく青きドナウ」を深川流”フレンチ仕立て”にしたバレエ。

ディ・フェーダーはドイツ語で”羽”の意味。白鳥になることを夢見るリトルバレリーナ達への深川秀夫からのプレゼントに25名のバレエ学園生が挑戦します。

『メンデルスゾーン・コンチェルト』  振付:深川秀夫 音楽:メンデルスゾーン

メンデルスゾーンのバイオリンコンチェルトによる シンフォニック・バレエ。

3つの楽章に3組の主役を配した、バレエ独自の動きと音楽を存分にお楽しみください。

第1楽章
石田 絢子 森  充生
(フリー)
   
第2楽章
中西 孝子 大寺 資二
(松岡伶子バレエ団)
   
第3楽章
鈴木 祐子 アンドレイ・クードリャ
(田中規子バレエアカデミー)


◆第2部

『Revolution(レヴォリューション)』振付:石原完二 音楽:ハカン・リドボ、他

生命のコンポジション、ほとばしる感情。
自由という名の翼を纏ったら、ほら、こんなに軽やかにダンスする私がいる・・・。

音楽は、バッハから現在のテクノ・ミュージック作曲家 ハカン・リドボ、オービタル 他。

佐藤 航
(フリー)
末松 大輔
(フリー)
   
吉田ルリ子  藤井あずさ  鈴木 祐子  笠井あきこ  石田 絢子  有家 和代
細見佐都子  戸田 恵美  薗田真依子  関本  茜  中西 孝子

第3部

ストラビンスキーのチャイコフスキー讃歌 
『妖精の接吻(ようせいのくちづけ)』 
振付:深川秀夫 音楽:ストラビンスキー 原作:アンデルセン「氷姫」 

パリで初演時に、あのディアギレフが『アダージョとフィナーレは美しい』と評した幻のバレエ。京都初演!

日本では、ほとんど上演されたことのない作品ですが、初演は1928年11月のパリ・オペラ座にて、ストラビンスキー本人の指揮により大成功をおさめました。ストラビンスキーがチャイコフスキーへの讃歌として作曲したといわれる、彼の新古典時代を代表するバレエ音楽に深川秀夫が新振付をしました。

【ストーリー】
美しい妖精が魔法のくちづけで母親から幼児を奪い、その子が成人し結婚するという日に再びくちづけをすることによって永遠に自分のものにしてしまうという物語。 

吹雪の山道を赤ん坊を抱いた母親が歩いている。そこに氷の精達が現れ、母親につきまとい赤ん坊を奪って連れ去る。妖精の女王が表われ赤ん坊に魔法の接吻(くちづけ)をした後、置き去りにする。
村人が通りかかり、赤ん坊を連れ帰り大切に育てる。18年の時が過ぎ、拾われた男の子は、立派な若者に成長しyている。村祭りの日、愛する婚約者と楽しそうに踊っている若者の前に、再び妖精の女王が表われる。あまりに美しい妖精に若者は次第に魅了されてゆき、ついに妖精の接吻を受けてしまう。その瞬間に若者は妖精と共に永遠の国へと旅立ってゆく。

   
   

妖精の女王に鈴木祐子、婚約者に藤井あずさ、そして二人の間で揺れ動く若者にヤコブス・ウィルフリッツ氏を迎え豪華なゲストと共にお送りします。3人の葛藤を巧みに表現した深川秀夫のドラマティックな振付にご期待ください。

妖精の女王 若 者
鈴木 祐子 ヤコブス・ウィルフリッツ
(KUBOTA BALLET)
   
婚約者 母親
藤井 あずさ 吉田 ルリ子
   
アンドレイ・クードリャ  佐藤 航  末松 大輔  永山 太加宏

◆主催◆
宮下靖子バレエ団

◆後援◆
京都府 京都市 京都商工会議所 (財)京都市芸術文化協会
全京都洋舞協議会 宮下靖子バレエ学園オール父母の会