2005年 第30回宮下靖子バレエ団クリスマス公演 「くるみ割り人形」(4)

第3景 戦争

シーンと静まり返った客間に興奮さめやらぬマリーがひとりおりてきます。

 

綺麗に並べたおもちゃ箱から”くるみ割り人形”を取り出し「おやすみなさい」をつげると
深い深い眠りに入ってしまいました。

 

 
・・・するとその時、いつもの部屋が急に大きくなりだし、
クリスマスツリーもおもちゃの番兵も大きくなっていきます。

 
おそろしいねずみたちがそこらじゅうを走り回り、
マリーのお気に入りの”くるみ割り人形”に襲いかかろうとしているのです。
フリッツのブリキの兵隊が応戦し、大戦争がはじまってしまいました。


ついに、7つの頭を持つねずみの王様が勝利をおさめそうになった時、
マリーが勇気をふりしぼって気味悪いねずみの群れにスリッパを投げつけました。

すると、おどろいたことに、ねずみ達はたちまち消えうせ、
くるみ割り人形のかわりに本物のハンサムな王子様がマリーの前に立っていました。


◆王子 大寺資二


第4景 雪の国への旅

この王子様は、マリーの勇気ある行動のごほうびとして
雪の女王の支配する雪の国へ案内してくれるのでした。


4匹のとなかいの案内でやってきた真っ白な雪の世界。


第5景 雪の国


マリーは美しい雪の女王に出会います。
◆雪の女王 鈴木 祐子

雪の女王とふわふわとかわいい雪の精たちがマリーを歓迎し、踊ってくれました。


雪の精


雪の女王に別れをつげたマリーと王子は、次にお菓子の国へ旅立ちます。